Yukixyukki's Blog

戦慄:雨の夜に消えたヒッチハイカー(1)

Posted on: 2011年9月3日

これは久々の当たりかも。


Shiver Top

激しい雨が降る夜、ふと昔のことを思い出しながら車を走らせていたカメラマン(?)の主人公は、道路の脇でずぶ濡れになって佇んでいる少女と出会った。


Shiver 01

自分の上着を着せた少女を車に乗せ、「ゴードンクリーク」という寂れた小さな町まで送り届けた主人公は、彼女が車に置き忘れたテディベアのぬいぐるみを見つけ愕然とする。

そのぬいぐるみは幼き日に出会った、あの少女のものだった。
すぐさまゴードンクリークの町に引き返した主人公は、彼女の行方を追うため、廃墟のような町に足を踏み入れる…

町に入ってほどなくして目に入った家を訪ねると、一人暮らしのおばあさんが住んでいた。


Shiver 02

さっそく先ほどの少女について話を聞こうとするが、「若い娘ならたくさんいたからねぇ…とりあえず新しいレコードをかけてちょうだい」というので、そばに置いてあったレコードを適当に見繕う。

ひとことで「魅力的な娘」と表現する主人公に対し、それじゃわからないから「そこの引き出しに写真が幾つかはいってるから、さがしてごらん」と言われ最初のアイテム探し。


Shiver 03

いきなりアイテム探しに入ると「なんで?」と感じてしまうので、こういうストーリー的なつじつまが合う展開がいいですね。
アイテム探しの難易度は高めに感じた。ヒントを使って見つけても「いまのなんだった?」というくらい背景と同化(※)してるものもある。

※モニターとか周囲の明るさとかが問題で、このゲームがどうということではないと思う

黄色い文字のアイテムは、箱や扉を開けるといったワンアクション必要なものだったり、複数のアイテムを組み合わせたりするもの。

▼この展開はおなじみ
Shiver 04

手帳には重要な写真やメモ、ストーリーの進行状況が記されていく。
何をしたらいいのかわからなくなったらコレを見る。
ヒント機能で進行方向や、どこに何のアイテムを使用するのか、といった内容を知ることもできるので詰まることはなさそう。
解けないパズルはスキップすることも可能。


Shiver 05

▼[タスク]で何をすべきか確認できる
Shiver 06

▼絵は「汚い」よりも「朽ちた」感じ
Shiver 07

このゲームのちょっとしたアクセントになっているのが、ライトとカメラ。
暗いところはライトで照らせば見えるものが出てくるし、普通には見ることのできないものをカメラを通して視ることが出来る。

▼雰囲気が大事
Shiver 08

▼その場に残された想いを写す
Shiver 09

途中で観光者マップなるものが手に入った。
見どころは「悪魔の島」っぽいが…


Shiver 10

▼う~ん、不吉
Shiver 11

▼ビッグフィッシュゲームズ日本語サイト
ビッグフィッシュゲームズ ホームページ

▼BigFishGames英語サイト(PC)
Big Fish Games Homepage

戦慄:雨の夜に消えたヒッチハイカー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

アーカイブ

カテゴリー

Twitter アップデート

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。