Yukixyukki's Blog

競争型MORPG「ギルドウォーズ(Guild Wars)」

Posted on: 2011年5月4日

ギルドウォーズは、アメリカのArena.netが開発したMORPGである。

Arena.netはCo(Competitive=競争型)RPGと呼称している。運営はNC Softが行っている。日本では2006年1月27日よりサービス開始。運営はエヌ・シー・ジャパン。

>ギルドウォーズ – Wikipedia

GuildWars.comのほうでフリートライアルが可能だったのでお試ししてみました。

Guild Wars Top

まずはじめに作成するキャラクターを、「RPGキャラクター」と「PVP(対人戦)用キャラクター」から選ぶ。
対人戦には興味がない(※)ので、RPGキャラクターをポチっ。

※このゲームはむしろそっちがメイン

Guild Wars Step1

次にどのキャンペーンで遊ぶのかを選ぶ。
今回はトライアルなので「予言の章」のみプレイ可。

Guild Wars Step2

冒険の舞台はティリア大陸

物語の舞台はティリア大陸に存在する、華やかで豊かな国「アスカロン王国」から始まります。北にグレート ノーザン ウォールという巨大な防壁を抱き、北に棲む獣の姿をした残忍な「チャール」から王国を守っています。この国の人々は昔から命を賭けてこの防壁を守ってきましたが、あるときチャールが大攻勢をかけてきたのでした・・・。
(公式サイトより)

そしてキャラクターのメインジョブを「ウォーリア」 「レンジャー」 「モンク」 「ネクロマンサー」 「メスマー」 「エレメンタリスト」の中から選択。

Guild Wars Step3

外見のカスタマイズでは「髪型」「髪の色」「顔」「肌の色」をいくつかのパターンの中から選択。

Guild Wars Character1

次に初期装備の色を選択。
この時身長もいじれます。

Guild Wars Character2

▼ギルドウォーズの景色
Guild Wars Graphic1

Guild Wars Graphic2

Guild Wars Graphic3

Guild Wars Graphic4

Guild Wars Graphic5

景色の雰囲気はDrakensangとかオブリビオンっぽくて( ・∀・)イイ!!

▼アスカロン周辺のようす(ネクロマンサー/レンジャー)

ギルドウォーズの特徴
・街は他のプレイヤーと共有だけど、町の外やダンジョンはプレイヤー毎のプライベートエリア。
敵のリスポーンもなく、他プレイヤーとの取り合いも無し。
Dungeons & Dragons Onlineみたいな感じ。
・ファストトラベルあり。一度行った街ならマップを開いてワンクリックで移動できる。
・サブジョブを選択する際にクエストとして実際にスキルを使える。
そのうえでそのジョブを取得するかどうかを選べる。

古さを感じさせない良作って感じでした(って序盤をちょっとやっただけだけど)。

GuildWars.comでアカウントを取得したけど、ギルドウォーズは多言語対応で設定からいつでも言語を変更できるので日本語でプレイ可。
日本の公式サイトではとくにフリートライアルのお知らせが見当たらないけど、新規会員登録から利用出来るのかも。

公式サイト(日本)
>ギルド ウォーズ – Guild Wars

>Amazon
Guild Wars(ギルドウォーズ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

アーカイブ

カテゴリー

Twitter アップデート

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。